リコーダーJP
    


G. サンマルティーニ

〜〜はつらつとした歌ごころ〜〜



★ロンドンで活躍したイタリア人★

 ジュゼッペ・サンマルティーニは、1695年にイタリアのミラノで生まれ、1720年代のある年(はっきりしたことはわからないようです)からロンドンに移り住んで活躍した、オーボエ奏者・作曲家でした。

 以後、1750年に亡くなるまで、はじめ歌劇場管弦楽団のオーボエ奏者、のちにウェールズの王室に抱えられて室内管弦楽団の音楽監督を務めながら、終生ロンドンで暮らしました。主として管楽器やヴァイオリンの活躍するたくさんの器楽作品で知られ、イギリスでその作品は人々からたいへん愛されました。

 そこで、弟であるジョヴァンニ・バティスタ・サンマルティーニが「ミラノのサンマルティーニ」と呼ばれるのに対し、「ロンドンのサンマルティーニ」と呼ばれています。 


★サンマルティーニのリコーダー作品★

 リコーダー用のレパートリーとしては、リコーダー協奏曲が有名ですが、12曲セットのトリオソナタ(リコーダー2本と低音楽器のためのソナタ)も、才気あふれるはつらつとした佳品ぞろいで、イタリア出身の作曲家らしい歌心があふれています。独奏部にリコーダー2本が指定されたトリオソナタは意外に少ししか残っていませんので、貴重なものだと言えるでしょう。これは、サンマルティーニがイギリスに渡って間もない1727年10月に、ロンドンで出版された作品集だとされています。

 また、ソロソナタ作品としては、「シブレー写本」と通称される総計27曲の筆写譜に含まれる15曲などが貴重なものです。


リコーダーJPがご提供できるサンマルティーニ作品
トリオソナタ(2本のアルト) 1番 ヘ長調
トリオソナタ(2本のアルト) 2番 ヘ長調
トリオソナタ(2本のアルト) 3番 ト長調
トリオソナタ(2本のアルト) 4番 ヘ長調
トリオソナタ(2本のアルト) 5番 ヘ長調
トリオソナタ(2本のアルト) 6番 ニ短調
トリオソナタ(2本のアルト) 7番 ヘ長調
トリオソナタ(2本のアルト) 8番 ヘ長調
トリオソナタ(2本のアルト) 9番 ト長調
トリオソナタ(2本のアルト) 10番 ヘ長調
トリオソナタ(2本のアルト) 11番 ヘ長調
トリオソナタ(2本のアルト) 12番 変ロ長調

ソナタ ハ長調 シブレー写本 第7番
ソナタ ト短調 シブレー写本 第13番
ソナタ ハ長調 シブレー写本 第14番
ソナタ ヘ短調 シブレー写本 第15番

クラシック曲リストにもどる

HOME

Copyright 2005-2021 RecorderJP Inc. All rights reserved



.