リコーダーJP G. サンマルティーニ


ソナタ ハ長調
シブレー写本 第7番


全曲試聴動画
RJP応援チャンネル「リコーダーの底力」

★この曲を収録したCDつき楽譜★
2220 アルトリコーダー用 1800円+税
RG-220 アルトリコーダー用 1200円+税
ダウンロード製品



★解題★

 サンマルティーニの通奏低音つきソロソナタばかり27曲を集めた、「シブレー写本(Sibley Manuscript)」と呼ばれる筆写譜があります(ロチェスター大学所蔵)。このうち15曲がリコーダー用のソナタで、最大の数を占めています。(ほかはオーボエ用、ヴァイオリン用、横吹きフルート用など。)

 サンマルティーニのリコーダー用ソナタの出版作品はあまりたくさん残っていませんので、これが貴重なソースになっています。


★解説★

 シブレー写本第7番が、集中、最初に登場するリコーダーソナタです。4つの楽章から成る大規模なソナタです。第2楽章は2声の部分(1音おきに同音連打)が長く続き、3・4楽章ではリコーダーが分散和音をえんえんと演奏して、伴奏側に回るかのような場面があるのが特徴です。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の3拍子です。付点のリズムで階段のように上っていく特徴的なモチーフを扱い、スケール大きく歌っていきます。リラックスした感じで始まりますが、周到に準備されるクライマックスの熱さも申し分なく、大家の傑作たるを失いません。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子で、16分音符の動きがほとんど絶え間なく続くトッカータふうの爽快な音楽です。大半が2声部の音楽を一人で演奏するように(1つおきに同音を連打する音型で)書かれています。そのため、親指のさばきがたいへん難しい箇所があり、またブレスも工夫が必要で、かなり演奏が難しい曲だと言えるでしょう。

 第3楽章は再びアダージョで、2分の3拍子です。イ短調で哀切なテーマを歌い出し、やがて特徴的なリズムで分散和音をえんえんと演奏する部分に入ります。途中、一瞬だけテーマを回想しますが、分散和音部分がかなり長く続いてすばらしい高まりをみせたあと、ようやく哀切に歌う終結部になります。この楽章もブレスはたいへんですので、ブレスのために省く音をあらかじめ決めておくといいかも知れません。

 第4楽章は再びアレグロで、4分の3拍子。第1楽章のモチーフを、今度は速いテンポで生き生きと奏して音楽が始まります。前半を繰り返したあと、後半に入ると、この楽章でも分散和音の連続部分が始まり、途中に短い中断を置いて、長く続きます。音楽的にはこの部分でどんどん盛り上がっていく効果が実にみごとで、傑作楽章のひとつだと言えるでしょう。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B−2)
第2楽章(C−3)
第3楽章(C−2)
第4楽章(C−2)

※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:
石田誠司  チェンバロ演奏: 石田誠司 (使用楽器はRJP所有のデジタルサンプリング音源)


サンマルティーニのページにもどる


HOME

Copyright 2019 RecorderJP Inc. All rights reserved



.