リコーダーJP レオナルド・レオ作品


ソナタ 第2番 ハ長調


Youtube のRJP応援チャンネル「リコーダーの底力」より
全曲の演奏(ノーカット)の試聴ができます。

★この曲を収録した伴奏音源つき楽譜★

2201 リコーダー用 1800円+税
RG-201 リコーダー用  1200円+税
ダウンロード製品 リコーダー用 620円(税込)



★解題★

 オーストリアのハラッハ伯爵(ナポリの副王を勤めた音楽好きの貴族)のコレクションのなかに、レオナルド・レオのリコーダーソナタ7曲の写しが含まれていました。本作はそのなかの2番目の曲で、爽快な魅力にあふれています。


★解説★

 4つの楽章から成っています。

 第1楽章はラルゲット(やや広々と)、4分の3拍子です。気品のある歌謡楽章で、最後は半終止して次の楽章を呼びます。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の2拍子で、明るくすばしこい感じのテーマを扱います。前半を繰り返したあと後半は展開の部分から、再現・収束の部分となります。展開部では、短調の陰も差して変化をつけています。

 第3楽章はラルゴ(広々と)、4分の4拍子で、ニ短調に転じます。シンコペーションを含む小動きな旋律を扱います。最後に、終止したかと思うと、ヘ長調に明るむエピローグがあります。

 第4楽章はアレグロ、8分の3拍子で、特徴的な2小節のモチーフと、三連符ですばしこく下るモチーフを素材に、堂々たる音楽を繰り広げていきます。後半は、やはり展開から再現・収束の部分になります。


※ 演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B1)
第2楽章(C2
第3楽章(B3)
第4楽章(C1)
※カッコ内の表記は指回り難度です
※リコーダー演奏: 石田誠司  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


レオナルド・レオのページにもどる

HOME

Copyright 2018 RecorderJP Inc. All rights reserved



.