リコーダーJP R. ヴァレンタイン作品


ソナタ ヘ長調 作品2−12


全曲試聴動画
RJP応援チャンネル「リコーダーの底力」

★この曲を収録したCDつき楽譜★
2250 アルトリコーダー用 1800円+税
ダウンロード製品 620円(税込)



★解題★

 「英国人ヴァレンタイン作 独奏フラウト(アルトリコーダー)とチェンバロまたはヴィオローネによる通奏低音のためのソナタ 作品2」(Sonate di flauto a solo col basso per il cimbalo o violone /Roberto Valentine Inglese opera seconda) は、12曲から成り、1708年ごろにローマで出版されました。

 さすがに「音楽の本場・イタリア」でリコーダー奏者として活躍したというだけあって、華麗にして才気あふれる作風です。


★解説★

 「作品2」のトリを務めるだけあって、いろいろな工夫の凝らされた意欲作です。

 第1楽章がグラーヴェ(重々しく)、4分の4拍子です。短い音型を執拗に用いて旋律を形成します。親しみやすい、平明な語り口です。最後は、アダージョ・エ・ピアノ(ゆっくりと静かに)の指定でやすらかな感じで半終止します。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子です。通奏低音より1小節先行して独奏楽器が力強いテーマを奏して始まります。16分音符連続のかろやかなモチーフが魅力的です。

 第3楽章はラルゴ(広びろと)、4分の3拍子です。独奏楽器を低音が2小節遅れで追いかける同度(2オクターブ差)のカノンとして書かれています。終止でいったん前半をしめくくったあと、後半も同様に同度のカノンとして始まりますが、最後は6度(1オクターブ+6度)違いの模倣に切り替えてまとめています。

 第4楽章は再びアレグロで、後期バロックの器楽曲では珍しい、8分の9拍子の軽快なジークです。しかも途中ではわざわざ拍子を4分の3拍子に書き換えてのヘミオラが挟まれ、めざましい効果を上げます。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B−3)
第2楽章(C−1)
第3楽章(B−2)
第4楽章(C−1)

※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー&MIDI
チェンバロ演奏: 石田誠司 (使用楽器はRJP所有のデジタルサンプリング音源と全音1500BN)


ヴァレンタインのページにもどる


HOME

Copyright 2020 RecorderJP Inc. All rights reserved



.