リコーダーJP ペープシュ作品


ソナタ 第4番 ヘ長調


★この曲を収録したCDつき楽譜★
RG-104 リコーダー用 900円+税
SR-053 リコーダー用 3800円+税



★解題★

 まだ二十歳を過ぎたばかりのペープシュは、アムステルダムでリコーダーのための通奏低音伴奏ソナタを6曲セットで出版しました。その後、イギリスに渡ってすばらしい活躍をみせたペープシュの、これは若き日の記念碑的な作品と言えるでしょう。


★解説★

 4楽章から成り、緩急緩急の構成です。「演奏例」ではギースベルト校訂によるショット社の楽譜のアーティキュレーション指示にだいたいならってみていますが、楽譜原典として参照したWalsh版にはほとんど何の指定もありません。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)、4分の4拍子。やすらかな印象の曲です。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子で、リズミックなモチーフと音階的なモチーフをたくみに織り成し、緻密に構成されています。

 第3楽章はふたたびアダージョで、4分の3拍子です。属和音から始まり、なだらかな順次進行を中心に素朴な感じに歌います。

 第4楽章は8分の12拍子のジークです。16分音符の音階的な動きが多く、8分音符を中心とするジークよりはゆっくりなテンポで演奏してよいと思います。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B−2)
第2楽章(C−1)
第3楽章(B−1)
第4楽章(C−1)
※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:石田誠司  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司



ペープシュのページにもどる


HOME

Copyright 2009-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.