リコーダーJP
    


J. マッテゾン

〜〜理論家としても有名な外交官作曲家〜〜


★マッテゾンについて★

 ヨハン・マッテゾンは1681年にハンブルクに生まれた作曲家です。理論家としても知られ、たくさんの本を書き残しました。幼少のときから音楽の才能を発揮してオルガニストや歌手として活動しましたが、のち一時期は外交官として英国にわたって働き、ヘンデルとは無二の親友でした。

 作品としてはオペラやオラトリオ、カンタータなどの声楽曲が多く、器楽曲はあまり多く書かなかった人ですが、ちょうどリコーダーが大流行していた時代にイギリスで働きましたから、おそらくその縁で、リコーダー用の重奏ソナタ集を残してくれたのは嬉しいことです。


★マッテゾンのソナタ集★

 1708年にオランダで出版されたマッテゾンの「作品1」のソナタ集には、4曲の二重奏ソナタと8曲の三重奏ソナタが収められています。


リコーダーJPがご提供できるコートヴィル作品
アルトリコーダーデュオソナタ ニ短調 作品1-1  New! 2020年5月発売

クラシック作曲家リストにもどる

HOME

Copyright 2020 RecorderJP Inc. All rights reserved



.