リコーダーJP ルイエ作品


ソナタ ハ長調 作品3の1


★この曲を収録したCDつき楽譜★
RG-061 リコーダー用 900円+税
SR-029 リコーダー用 3800円+税




★解題★

 J.B.ルイエ(1688?〜1720頃?)の「リコーダーと通奏低音のための12のソナタ 作品3」は、1700年代の早いころ、作品1・作品2につづきアムステルダムで出版されました。作品1から数年の歳月を経て、親しみやすく清新な作風にはいっそうの磨きがかかっています。

  ※どうも作品の出版年についていろんな文献の説がばらばらなのでこのような申し上げ方をすることにします。なお,ルイエは1688年に洗礼を受けた記録があるそうですが、これが生年だとすると、そして作品1の出版年を1705年とする説が正しいとすると、作品1は弱冠17歳での出版ということになります。


★解説★

 6つの楽章から成っています。

 第1楽章はアダージョ(ゆっくりと)からアレグロ(快活に)、またアダージョ、アレグロと交替し、最後はラルゴ(幅広く)になって終わる幻想曲ふうの音楽です。テンポのかわりめで開始タイミングを合わせるために、実施段階、演奏段階、ミキシング上でもいろいろに苦心を重ねてあります。伴奏バリエーションではゆっくりな箇所のテンポは変えず、速い部分のみテンポを変えてあります。

 第2楽章はヴィヴァーチェ(生きいきと)、4分の3拍子。4分音符・2分音符と音階的な動きの8分音符を主体とした、非常に快速なテンポを求める音楽です。速いなかにも、ルイエらしい柔和さを秘めた魅力ある楽章です。

 第3楽章はアダージョ、4分の4拍子で、イ短調に転じます。最後にもう一度「アダージョ」の指示があるのは、「もっとゆっくりになれ」というのでしょう。

 第4楽章はアレグロ、4分の4拍子で、リズミックな面白さに満ちた気持ちのいい音楽です。

 第5楽章はまたアダージョで2分の3拍子。ルイエらしい清らかな歌で、最後は問いかけるように終わって、(本来は)切れ目なく第6楽章に続きます。

 第6楽章はアレグロ、8分の12拍子のジークふうの音楽です。躍動的な曲想で進み、最後はさらに16分音符も少しだけ登場させてワサビを利かせるあたり、心憎いようなうまい曲作りです。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B−3)
第2楽章(B−3)
第3楽章(B−2)
第4楽章(C−2)
第5楽章(A−1)
第6楽章(C−1)
※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:
石田誠司  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


ルイエのページにもどる


HOME

Copyright 2007-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.