リコーダーJP ルイエ作品


ソナタ ニ短調 作品1の8

★この曲を収録したCDつき楽譜★

RG-015 リコーダー用  900円+税
SR-017 リコーダー用  3800円+税




★解題★

 J.B.ルイエ(1688?〜1720頃?)の「リコーダーと通奏低音のための12のソナタ 作品1」は、1705年にアムステルダムで出版されました。以後彼は続けさまに「作品2」「作品3」「作品4」まで、それぞれ12曲から成る曲集を出版しています。これはつまり、よほど好評だった(よく売れた)ということでしょう。そうでなければ、「続々々篇」までつくられるはずはありません。

※作品1の出版年を1710年としていましたが、1705年のほうが正しいようですので、お詫びして訂正いたします。なお,ルイエは1688年に洗礼を受けた記録があるそうですが、これが生年だとすると、作品1は弱冠17歳での出版ということになります。

 ルイエのソナタを楽しんでいた当時のアマチュアリコーダー奏者たちの幸福を、これから私たちも味わっていけるのだと思うと、わくわくしませんか。

★解説★

 5つの楽章から成り、急・急・急・緩・急という構成になっています。全体に「ひとつの短いモチーフで曲を作りきる」という態度が見られます。

 第1楽章はポコ・アレグロ(やや快活に)2分の2拍子。あまりせかせかした感じではなく、中庸のテンポが良さそうです。淡々とした歩みの音楽。

 第2楽章はアレグロ(快活に)4分の4拍子で、短いモチーフを笛と通奏低音が呼び交わしながら音楽が進みます。

 第3楽章はヴィヴァーチェ(生き生きと)4分の3拍子。そうとう速いテンポが想定されているように思われます。のちにベートーヴェンなどがよく書いたスケルツォのような感じ。

 第4楽章はラルゴ(幅広く)で、この楽章だけはへ長調になります。途中は少し影を帯び、また明るんで終わるのかと思うと、14小節で突如ヘ短調の和音が響いて驚かされます。

 第5楽章は極めて速いアレグロで、ここでも短いモチーフが執拗に繰り返され、ちょっとくど過ぎないか?と思うほどです。もともと笛と低音が1小節ずれて演奏するカノンふうの処理があちこちにあるのですが、森さんの実施ではさらにチェンバロの右手もそれに加わって緊迫感を高めています。


※ 演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B−2)
第2楽章(C−2)
第3楽章(C−1)
第4楽章(A−1)
第5楽章(C−1)
 ※カッコ内の表記は指回り難度です
 ※リコーダー演奏: 堀川智也さん  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


ルイエのページにもどる


HOME

Copyright 2005-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.