リコーダーJP ルイエ作品


ソナタ ハ短調 作品1の7

★この曲を収録したCDつき楽譜★

RG-014A リコーダー用  900円+税
SR-017 リコーダー用  3800円+税




★解題★

 J.B.ルイエ(1688?〜1720頃?)の「リコーダーと通奏低音のための12のソナタ 作品1」は、1705年にアムステルダムで出版されました。当時以後彼は続けさまに「作品2」「作品3」「作品4」まで、それぞれ12曲から成る曲集を出版しています。これはつまり、よほど好評だった(よく売れた)ということでしょう。そうでなければ、「続々々篇」までつくられるはずはありません。

 ※作品1の出版年を1710年としていましたが、1705年のほうが正しいようですので、お詫びして訂正いたします。なお,ルイエは1688年に洗礼を受けた記録があるそうですが、これが生年だとすると、作品1は弱冠17歳での出版ということになります。

 ルイエのソナタを楽しんでいた当時のアマチュアリコーダー奏者たちの幸福を、これから私たちも味わっていけるのだと思うと、わくわくしませんか。

★解説★

 4つの楽章から成り、緩・急・緩・急という構成になっています。

 第1楽章はラルゴ(幅広く)4分の4拍子。装飾的な動きもとりまぜながらやわらかに音楽が進み、最後には大きな盛りあがりがあります。

 第2楽章はアレグロ(快活に)4分の3拍子。かなり速いテンポで演奏するのではないかと思います。通奏低音と追いかけっこしたり対話したりしながら音楽が進みます。

 第3楽章はラルゴ・エ・アフェトゥオーゾ(幅広く、また愛情深く)8分の12拍子。あたたかな歌がゆったりと歌いつがれ、最後には少しリズムの上での変化があって、短いですが緻密につくられた音楽です。

 第4楽章はアレグロのジーク。ここでも第2楽章と同様に通奏低音と追いかけっこになる開始です。ビオラ・ダ・ガンバが入るとさぞ面白いでしょうね。速い曲ですが指使いはひどい動きのところがほとんどなく、比較的やさしく演奏できます。


■リコーダーによる演奏
第1楽章(B2)
第2楽章(B2)
第3楽章(B1)
第4楽章(B3)
 ※カッコ内の表記は指回り難度です
 ※リコーダー演奏: 石田誠司  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


ルイエのページにもどる


HOME

Copyright 2005-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.