リコーダーJP ルイエ作品


ソナタ イ短調 作品1-1

★この曲を収録したCDつき楽譜★

RG-008A リコーダー用  900円+税
SR-006 リコーダー用  3800円+税

SF-034 フルート用 2400円+税

SF-036 フルート用 3800円+税



★解題★

 J.B.ルイエ(1688?〜1720頃?)の「リコーダーと通奏低音のための12のソナタ 作品1」は、1705年にアムステルダムで出版されました。以後彼は続けさまに「作品2」「作品3」「作品4」まで、それぞれ12曲から成る曲集を出版しています。これはつまり、よほど好評だった(よく売れた)ということでしょう。そうでなければ、「続々々篇」までつくられるはずはありません。

 ※※作品1の出版年を1710年としていましたが、1705年のほうが正しいようですので、お詫びして訂正いたします。なお,ルイエは1688年に洗礼を受けた記録があるそうですが、これが生年だとすると、作品1は弱冠17歳での出版ということになります。

 ルイエのソナタを楽しんでいた当時のアマチュアリコーダー奏者たちの幸福を、これから私たちも味わっていけるのだと思うと、わくわくしませんか。

★解説★

 ルイエのソナタの中ではもっともよく知られ、著名な演奏家による録音がいくつもあります。4つの楽章から成り、緩・急・緩・急という構成になっています。

 第1楽章はアダージョで、ちょっと長めの前奏があります。ルイエらしい素直な歌で、やわらかに悲しみを帯びています。やさしく演奏できて実に美しい、珠玉のような楽章。

 第2楽章はアレグロの軽快な音楽です。第1楽章と通い合う感じのある動機が主役をつとめます。かろやかにリズム感よく演奏したいものです。織田さんの演奏はすばらしいですね。

 第3楽章は再びアダージョ。作品1−1が愛好される理由のひとつは、この楽章の魅力にあるのではないでしょうか。おしまい近くに出てくる「反復進行」のテンションコードがかもし出す愁いに満ちた雰囲気は魅惑的です。

 第4楽章はジークで、再びアレグロです。軽いシンコペーションのリズムに特長があり、たいへん生き生きと音楽が進みます。


※ 演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B2)
第2楽章(C1)
第3楽章(B1)
第4楽章(B3)
 ※カッコ内の表記は指回り難度です
 ※リコーダー演奏: 織田優子さん  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


■フルートによる演奏
第1楽章
第2楽章
第3楽章
第4楽章
 ※フルート演奏: 大塚ゆき  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


ルイエのページにもどる


HOME

Copyright 2004-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.