リコーダーJP ガリアルド作品


ソナタ 第1番 ハ長調


★この曲を収録したCDつき楽譜★
RG-049 リコーダー用 900円+税
SR-038 リコーダー用 3800円+税



★解題★

 ガリアルドはリコーダーのための通奏低音伴奏ソナタを6曲セットで残してくれました。これは、かつてはシックハルトの作と間違われていたことがあるそうです。たしかに、素直で明るい作風と切れ味のいい運動性はシックハルトを思わせるものがあります。

 技術的にとくべつ難しい箇所がないわりにはかっこよく聞こえるようにうまく作られているうえ、音楽的にも随所に気の利いた工夫がなされていて、アマチュアリコーダー愛好家に時空を超えて残された、すてきなプレゼントだと言えると思います。


★解説★

 4楽章から成り、緩・急・緩・急の構成です。

 第1楽章はラルゴ(ひろびろと)4分の4拍子。静かに歌い出したあと、リズムの変化・通奏低音とのからみ方も面白く書かれています。途中、全音符でフェルマータとなる箇所は、何か即興的なフレーズを演奏してもよいでしょう。ただし、伴奏はフェルマータを無視して4拍の長さで次のフレーズに入るようになっています。

 第2楽章はアレグロ(快活に)、4分の4拍子。活発な16分音符の運動が中心ですが、後半にはリコーダーに高音保続音(和音の移り行きをしばらく無視して同じ音を伸ばしたり繰り返したりする)が効果的に用いられていて、新鮮な効果をあげています。

 第3楽章は再びラルゴで、イ短調で書かれています。前半・後半ともリピートされ、2回目はエコー効果で弱音が指定されていますが、むしろいろいろに変奏してみるのはいかがでしょうか。

 第4楽章は再びアレグロで、8分の6拍子。しかし、16分音符の連続があちこちにあってジークのテンポで演奏するのはかなり難しくなりますので、RJP版では少しゆっくりなテンポの伴奏をご提案しています。生気のあるモチーフを扱い、後半に自然にクライマックスが築かれる、よくできた終曲です。


※演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B−2)
第2楽章(C−2)
第3楽章(A−2)
第4楽章(C−2)
※カッコ内は指回り難度です。
※リコーダー演奏:
石田誠司  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


ガリアルドのページにもどる


HOME

Copyright 2006-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.