Border   Border
 

リコーダーJP ビギナー質問掲示板

旧掲示板

HOME

Name:   
E-Mail:
Title:
Message:
Web:
Pass: (半角英数8文字以内)   
貴重なご意見有難うございます。
確かにメロディーラインの変更は辛いところですね。
私が好きな童謡や唱歌はハ長が多く、大抵ト長かヘ長に直しています。
また、クラシックの中には2オクターブ以上の音域の曲も多くて、それをアルト譜に編曲するアレンジャーの方も、さぞかし苦心されていることと思います。
何卒、これからもRJPの活動頑張って下さい。
IKKY [Mail]
2017/01/20(Fri) 21:24:24 No.526
編曲における音変更
旋律線の変更は、1オクターブの変更も含めて、悩ましいことですね。

一般論として言えば、

(1)1オクターブの変更も含めて、旋律線の相対的音程関係の変更は望ましくない。

(2)音楽的に良い効果のあることは何をやってもよい。

という2つのことが言える、と私は思います。3度、5度等の音程変更が、ほかの処理よりも優れていると思うなら、行えばいいでしょう。私も行ったことがあります。

石田@RJP
2017/01/20(Fri) 09:35:38 No.525
アレンジについて
石田様、
先日は的確なアドバイスを頂き、有難うございました。また質問させて頂きます。
 演奏しようと思った曲にアルトリコーダーの音域外の音があった場合、音域内に収まるよう移調しますが、調によっては非常に弾きづらくなることがあります。(勿論、自分の技術不足でもありますが)
 そこで音域外の音だけを5度または3度、6度ずらして演奏するのもアリ?でしょうか?(ギターの場合にはコード進行を楽にするため、代理和音を使うことがあります)
 それともやはりオクターブずらすしかないのでしょうか?
IKKY [Mail]
2017/01/19(Thu) 17:47:09 No.524
No Title
ありがとうございます。参考になりました。低いㇻやソの音は、大丈夫です。しっかり押さえなければ、と思っていました。練習してみます。高い音もレまで大丈夫です。
honcyan
2017/01/18(Wed) 19:12:33 No.523
そうでしたか
honcyan様

ご返信ありがとうございました。

あらら、そうでしたか

たいへん失礼いたしました。それなら話は別です。


「低いソ」までは大丈夫でしょうか?

「低いファ」が失敗しやすい、という場合、「低いソ」のときにも、すでに指の形などに問題がある場合が多いのです。「ラ」や「低いソ」のときに、右手が楽にふさげていることが大切です。

「低いファ」のときの心がけとしては、「ふわりと、楽に」指を乗せることと・・・

あと、指先寄りの箇所ではなく、少し深いところ(関節寄りのところ)を指孔に乗せるような心がけのほうがうまく行く場合があります。

ご参考となりましたら幸いです。



石田@RJP
2017/01/15(Sun) 13:42:38 No.522
No Title
お返事ありがとうござます。あの後速習を終え、ステップバイステップの2巻に進み、3巻を始めようとしていた昨年の2月ごろから忙しくなり、練習する時間もなく今に至っているのです。3巻に入るとたびたびファの音が出てきます。そこで足踏みしているところです。どちらにせよ、練習不足のようですね。ありがとうございます。また少しずつ練習をしたいと思います。
honncyan
2017/01/14(Sat) 08:40:27 No.521
honcyan様
以前「アルトリコーダー入門講座」を受講いただき、『本物の良さがわかる大人のアルトリコーダー入門』で練習しているとおっしゃっていたhoncyanさんでしょうか。お久しぶりですね。

「低いファ」は難しいんですよ。ですからお持ちの『本物〜』では扱っていません。なにか他の教則本もお使いなのですか?

まず基礎を順にていねいに学ばないと、「低いファ」の演奏は無理です。

10日ほどで終わらるかたが多い「入門講座」に、honcyanさんは2ヶ月かかっていらっしゃいましたし、以後「ほとんど練習できていない」のでは、実質的に、お始めになってわずかの日数しか経過していません。その経過で「低いファ」が演奏できなくても当然です。

そして、『本物』は、honcyanさんには、どちらかといえば、向いていないと思いますよ。あれは「速習本」ですから。

本当は習いに行かれるのがいちばんいいと思いますが、独習されるにせよ、もっときちんとしたメソッドで学ぶほうがいいと思います。拙著であれば『アルトリコーダー ステップバイステップ 第2巻』をお勧めします。この本ならば、比較的ていねいに練習を進めるようになっており、「低いファ」も学ぶようになっています。


いずれにせよ、「低いファ」は『本物〜』では扱わない音ですから、まずは「低いファ」まで教われるメソッドに切り替えて、初歩から練習を積み上げ直すことです。



石田@RJP
2017/01/13(Fri) 09:57:17 No.520
No Title
ずいぶんご無沙汰しています。忙しさで、気に留めながらも練習できずに、1年近く遠ざかっていました。
思い出したように練習し始めましたが、いまだに下のファの音、うまくなかなか音が出せません。一時的な出せても曲を吹き始める変な音が出てしまいます
小指が短いせいか、練習次第で出るのか、苦労しています。何かコツがあるのでしょうか?他の方もこんな感じでしょうか?
honcyan
2017/01/12(Thu) 16:57:28 No.519
ありがとうございます。
早速のご返答、誠にありがとうございます。
今後サミング音を重点的に取り組もうと考えていたところだったので、おかげでスッキリしました。
今後ともよろしくお願いいたします。
IKKY [Mail]
2017/01/11(Wed) 23:09:55 No.518
お答えします
IKKY様

ズバリ「宙に浮かせておく」が正解です。将来、技術的な大混乱のもとになりますから、左手親指の水平位置をズラすようなことをしないでください。

石田@RJP
2017/01/11(Wed) 09:43:58 No.517
NO.: Pass:     
 
Border   Border