リコーダーJP ルイエ作品


ソナタ ト短調 作品1の9

★この曲を収録したCDつき楽譜★

RG-017 リコーダー用  900円+税
SR-017 リコーダー用  3800円+税




★解題★

 J.B.ルイエ(1688?〜1720頃?)の「リコーダーと通奏低音のための12のソナタ 作品1」は、1705年にアムステルダムで出版されました。以後彼は続けさまに「作品2」「作品3」「作品4」まで、それぞれ12曲から成る曲集を出版しています。これはつまり、よほど好評だった(よく売れた)ということでしょう。そうでなければ、「続々々篇」までつくられるはずはありません。

※作品1の出版年を1710年としていましたが、1705年のほうが正しいようですので、お詫びして訂正いたします。なお,ルイエは1688年に洗礼を受けた記録があるそうですが、これが生年だとすると、作品1は弱冠17歳での出版ということになります。

 ルイエのソナタを楽しんでいた当時のアマチュアリコーダー奏者たちの幸福を、これから私たちも味わっていけるのだと思うと、わくわくしませんか。

★解説★

 4つの楽章から成り、緩・急・緩・急という構成になっています。統一感のあるすぐれた作品です。

 第1楽章はAdagio(ゆっくりと)4分の4拍子。ルイエによくみられる、通奏低音が旋律を模倣しながら進む音楽で、叙情的な美しい楽章です。

 第2楽章はアレグロ(快活に)4分の4拍子。やはり低音が旋律を模倣しながら進む対位法的な色彩の強い音楽で、がっちりとしたつくりといい、半音階的な進行による味付けといい、たいへん面白くつくられています。

 第3楽章はレント(ゆるやかに)4分の3拍子。透明感のある響きに乗せてさわやかに歌います。絶品。

 第4楽章はアレグロ・4分の3拍子。シンコペーションを駆使した独特なリズム感の舞曲ふう楽章です。ここでも低音が旋律を模倣しようとする傾向がみられ、音楽に面白みと深みを与えています。


※ 演奏例がお聴きいただけます

■リコーダーによる演奏
第1楽章(B−1)
第2楽章(C−1)
第3楽章(A−2)
第4楽章(C−1)
 ※カッコ内の表記は指回り難度です
 ※リコーダー演奏: 石田誠司  チェンバロ(電子楽器)演奏: 石田誠司


ルイエのページにもどる


HOME

Copyright 2005-2011 RecorderJP Inc. All rights reserved



.